脂漏性角化症は治療すれば改善出来る|キレイを保つ治療

看護師

加齢に伴ってできるイボ

医者

良性だが美的な問題がある

加齢に伴って人間の身体には外面・内面ともにさまざまな変化があらわれますが、もっとも目につきやすいのはお肌の上にあらわれる変化です。そうした現象の1つに脂漏性角化症があります。脂漏性角化症はシミの一種で、てのひらと足の裏以外なら身体中のどこにでもできる可能性があります。一般的なシミと異なるのは、進行すると数センチ大に大きくなったり、イボのように盛り上がったりすることです。そのため「老人性イボ」と呼ばれたりします。脂漏性角化症は良性の腫瘍であるため、基本的に治療の必要はありません。ただし顔にできたりすると外見上の問題が生じるため、改善を望む人が少なくありません。年齢を重ねても美しさにこだわりたいという人が増えている昨今、治療を受ける人は増加していくものと考えられています。

傷痕を残さない治療が可能

脂漏性角化症の治療には、美的な側面以外のメリットもあります。それは、もしも悪性腫瘍であった場合に、早期の対応ができるという点です。脂漏性角化症と皮膚がんの区別は、素人ではなかなか判断がつきません。万が一のことを考えると一度専門医の検査を受けておくのが賢明です。脂漏性角化症の治療法としては、外科手術によって切除する方法、電気メスで患部を焼く方法、液体窒素で凍結させ、組織を死滅させてしまう方法などがあります。治療法によっては保険適用となるものもあります。また、レーザーによって患部を蒸散させるという治療技術も実用化されています。傷を作らず、細かい処理が可能なため顔面の治療を行う方法として特に人気があります。

定期的に病院で検査しよう

女性

食生活やホルモンバランスやストレスなどが原因で乳がんになる人が増えています。日々の生活を見直すと共に年に一度の乳がん検診を習慣にしたいものです。自分でも月に一度胸の状態をチェックして異変を感じたらすぐ病院へ行くと良いです。

詳しくはコチラ

免疫の力とは

病棟

がんの免疫療法の中には樹状細胞療法というものがあります。がん細胞を退治する細胞にはT細胞という細胞がありますがこの細胞は目印がないと細胞を攻撃しません。樹状細胞はその目印を示してT細胞の活性化を促していきます。

詳しくはコチラ

がんと闘う細胞で治療する

空

NK細胞療法とはがんの免疫療法の一種です。患者自身から取り出した血液のリンパ球の部分のみを取りだし、活性化させたNK細胞だけを体内に戻すことによってがんと闘わせるものです。活性したNK細胞であれば攻撃できないがんはないと言えます。

詳しくはコチラ

イチオシリンク集

  • がんのクリニック

    子宮頸がんを治療したいとお考えであれば、こちらをクリックしてみましょう。治療実績が豊富なクリニックとなっていますよ。
Copyright© 2015 脂漏性角化症は治療すれば改善出来る|キレイを保つ治療All Rights Reserved.