脂漏性角化症は治療すれば改善出来る|キレイを保つ治療

看護師

がんと闘う細胞で治療する

空

NK細胞療法とは活性化リンパ球免疫療法と呼ばれる、がん細胞と闘う細胞を使ったがんの治療法です。近年中高年を中心に、悪性の腫瘍が増えることによってがんに冒される病気が増えています。これは、社会現象とも言えますし、このがんに対する治療を行っていくことは重要なこととなっています。NK細胞療法は最近になって利用されることが多くなった治療法ではありますが、まだあまり広く知られてはいません。免疫療法と呼ばれる治療法は、NK細胞療法を含めて他にもありますが、治療の効果が著しく見えることがなく、免疫を刺激する能力が低いと言われています。そのため、NK細胞療法は唯一の点滴をするたびに効果を感じることができる治療法と言えます。

NK細胞療法の具体的な施術は、いくつかの工程があります。まず患者自身の血液を8リットルほど採取します。その後、リンパ球の部分のみを取りだし、残りの部分を体内に戻します。その取り出されたリンパ球からNK細胞を取りだし、増殖させたものを体内に戻す仕組みとなっています。これをすることによって、体内にあるがん細胞をこのNK細胞が障害し、治療を行うのです。このNK細胞の活性が高ければ高いほどがんに対する攻撃力があり、今現在の研究ではこれで攻撃できないがん細胞は少ないとされています。ただこの細胞の活性が低いと、上手く効果を発揮できないことがあるため、その培養を上手くしていく必要があります。そのため、患者自身の新鮮な血液が必要なのです。

Copyright© 2015 脂漏性角化症は治療すれば改善出来る|キレイを保つ治療All Rights Reserved.