脂漏性角化症は治療すれば改善出来る|キレイを保つ治療

看護師

免疫の力とは

病棟

変異細胞を攻撃

体の中にできた変異細胞ががんにならないのは、人間の体の中に免疫が備わっているからです。がん細胞や変異細胞は正常な細胞とは抗原が異なっているために、これらの細胞が見つかると体の中にある自然免疫であるNK細胞が直ちに攻撃を行います。NK細胞で撃退できないときには獲得免疫にがんの情報が流れていけば撃退することが可能になっています。ですがこのがん細胞や変異細胞はもともと自分の体の中で生まれてきたものですから、見分けがつきにくく免疫細胞に見逃される細胞もあります。このかいくぐってきた変異細胞ががんになるものと考えられています。がんを完全に撃退するためには自然免疫ばかりではなく獲得免疫まで、がん細胞の情報が伝わることが重要になってきます。

T細胞を活性化

樹状細胞は最初にがん細胞を攻撃する免疫の一つです。最初にがん細胞を攻撃してそのがん細胞の抗原を知らせる能力を持っています。この性質を利用して行う免疫療法を樹状細胞療法と呼んでいます。樹状細胞療法は抗原を提示する能力が強い樹状細胞を利用して、獲得免疫を活性化させがん細胞を退治していきます。がんを攻撃する細胞にはT細胞という細胞もあります。この細胞は優れた攻撃力を持っていますが攻撃する目標がわからなければ力を発揮することができません。樹状細胞療法では樹状細胞を活性化させてこのT細胞に目標を知らせ、おおきな攻撃力でがん細胞を退治する方法です。成熟したT細胞は樹状細胞を活性化させる成分を分泌して樹状細胞療法を進めていく原動力となっています。

Copyright© 2015 脂漏性角化症は治療すれば改善出来る|キレイを保つ治療All Rights Reserved.